RESULTS

| Sep. 8. ’19
 カナロアガール   2nd  
Race |  3歳以上1勝クラス Race Course |  中山競馬場
C & D |  芝1800m Jokey |  北村宏司
 まずまずのスタートから、道中は中団の後方で待機。直線残り200mより、内を突いてひと追い毎に末脚を伸ばし、結果2着での入線となっています。前走の敗戦は単なる力負けではないことが証明されました。まだまだ上でやれる馬、頑張って欲しいところです。
| Aug. 31. ’19
 エピファレーヌ   5th  
Race |  2歳未勝利 Race Course |  札幌競馬場
C & D |  芝2000m Jokey |  松田大作
 内枠からの好スタートで4、5番手でレースを進めた。良い手応えで直線を向くも伸びがイマイチ、結果5着での入線になった。勝ち馬はコースレコードだったため、負けたこと自体に悲観する必要は無いが、それにしても離されすぎた印象。池江調教師は距離や疲れではなく、精神面からくるものではないかと。再度立て直して勝ち上がりを期待したい。
| Aug. 17. ’19
 カナロアガール   12th  
Race |  3歳以上1勝クラス Race Course |  新潟競馬場
C & D |  芝2000m Jokey |  三浦皇成
 スタートから行き脚つかず促して中団のインからの競馬。ここでイヤな予感が…。それでも直線ではあの末脚を見せてくれるだろうと思っていたものの、結果は新潟名物の長い直線で全く伸びてこず12着。期待の1頭なこともあって落ち込むレースとなった。単純な力負けとは思えず、何らかの敗因があると信じたい。クラシックは厳しくなったが秋の東京でもう一度力を見せて欲しい。

Next