こんばんは!!


レイナグラシアのこともあり、あまり晴れ晴れとした気持ちではいれませんが、2018年の出走は全て終わりました。


簡単にではありますが総括してみます。



一口馬主を始めたのは2015年産からで、初めての一口クラブ広尾TC の会員になってから1年ちょっとのペーペーです。広尾15年産はなかなか結果が出ず、一口馬主の難しさを痛感しました。それを踏まえて16年産、クラブを増やしての17年産と出資しました。

まずは数字から振り返ってみます。



はい、未勝利です。地方で4勝はありますが、中央未勝利です。次はこれまでの出資馬一覧をあげてみます。


上3頭は2歳馬、下3頭は3歳馬(非現役馬)です。フッフールは中央復帰が決まっているので、再度現役として登録されるはずです。レイナグラシアは年内2勝達成も鼻出血で再ファンド断念(クラブ発表)。


こう見てみると(見なくても)厳しい結果です。15年産が壊滅状態だったこともあり、一口馬主への情熱は下火でした。しかし、16年産出資馬の筆頭カナロアガールが健闘しているため、懲りずに一口続けていこうと思っています。



カナロアガール、スパーブアゲインは年明けの1回東京で何とか勝ってもらって中央未勝利の僕に初勝利をプレゼントしてくれると嬉しいです。


あわや新馬勝ち?と興奮させてくれたカナロアガール、フレームアウトするんじゃないかと思わせるくらい外を回って、曲がれない馬と話題を提供してくれたスパーブアゲイン。勝ちはないものの非常に面白い一年でした。



来年は東サラ&ユニオンという、ノーザン直系クラブの追い風追い風の中、反対方向へ向かうような方針を取りました。勝てれば良いんだ勝てれば!!



来年は、一口馬主の目標をドドンと発表します!!

1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

moetake

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする