『ナグラーダ』サプリ効果で2月入厩!?

さてさてナグラーダですが、レイナグラシアにも出資してるのでレフィナーダの仔が遅手なのは承知してます。この仔もなかなかペースが上がらず、早い組の1歳馬に追い抜かれてるくらいです?馬の育成なんて何も分からないので、育成のプロがじっくりやった方が良いと思うならそれでやってもらえればOKです。入りが昨年の広尾だったので、年内デビューなんてナニソレ食えんの?状態でしたし….。

馬体がここに来て増えて来たこともあり、2月に入厩させる方向で進めるそうです。絶好調のダンカーク産駒、どんな動きを見せてくれるでしょうか。この馬体増加の背景に『あるかもしれない』のが富士フィルムが開発したサプリメント『ピュアサラシア』…だそうです。


サラシアサプリは、小腸での糖質吸収を阻害することで(これは給与量によって制御可能?)、一部の糖質を大腸まで届けることができ、その糖質が大腸菌のエサとなることで、乳酸菌比率が大きくなり、腸内環境が改善されます。イヌリン(フラクトオリゴ糖)なんかは昔飲んでて、プロテインの飲み過ぎ(乳糖不耐症)で慢性的にお腹を下してた僕のお腹を一撃で治した神サプリです。イヌリンはプレバイオティクス(腸内細菌を摂取するのではなく、その有益な菌の栄養源となり、摂取することで腸内環境が整えられる)ですが、サラシアはプロバイオでもないし何なの?

豚肉の生産現場でも離乳ストレスによる下痢など、腸内の病気が問題になることが多々あり、飼料や添加物でこれを軽減させる取り組みがされています。

つまりは腸内環境はとっても大事(急にバカ笑)

馬の飼養方法なんて何も知らないのに偉そうなこと書きましたが、僕がトレーニングしてるときや大学での研究時は、腸内環境改善の有効性をかなり学びましたし、サラシアサプリで結果的に馬体が増えるのならどんどん活用して行くべきかと。勝手なイメージで競馬の世界のサプリメント事情はあまり進んでいないのではと思っていましたが、東大卒の林先生のところだからこそ、こういうのを有効活用しているのかも??

こんなサプリメントがあるよっていう紹介は広尾さんにもちょこちょこやってもらえると大変興味深く、一口馬主のみんなで知識の底上げができて面白いと思います。こんな趣旨のブログちゃうのに…。っていうか富士フィルムって色々やってるんですねすごいや。

moetake

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする