【東サラ】2017年産キャンセル募集

今週はシルクのキャンセル募集の結果が発表されたようです。会員ではないもののTwitterのTLに流れてきた詳細を見てみると、かなりの狭き門だったんですね。1年目、2年目は広尾だけだったので激しい競争はありませんでしたが、社台系は先行募集からキャン募まで…思い通りの馬を獲得するのは難しそう…。

僕が関係あるキャンセル募集とすれば、東京サラブレッドのそれですから、そのような時期・形態で行われるのか調べてみました。するとびっくり…5月の終わりか6月上旬に発表されるようで、正直もっと早くに実施したほうが良いんじゃないかと思います。なぜ、この時期にやっているんでしょうか?会員も次の世代に目が向いてしまうんじゃないかな…。シルク、キャロに続く形でやれば良いのに。

そうそう、先行募集で満口になった馬は、その際に抽選で漏れてしまった人から優先的に当選するシステムになっているようなので、現実的にこれに該当する馬は避けた方が○じゃないかと…。下に先行満口うっまを列挙しました↓↓

2018先行募集における満口馬

  • 〔01〕エリモピクシー17
  • 〔03〕ラストグルーヴ17→レッドルレーヴ
  • 〔07〕レッドジゼル17→レッドアダン
  • 〔15〕モナリザ17→レッドジョコンダ
  • 〔17〕レッドファンタジア17→レッドベルジュール
  • 〔21〕レッドメデューサ17→レッドフラヴィア
  • 〔27〕レッドソンブレロ17→レッドブロンクス
  • 〔28〕レジェンドトレイル17→レッドヴェイパー

以上になります。流石に皆さん相馬眼がお有りのようで、上記の馬の中にはかなり順調に調教が進んでいて育成の評価が非常に高い馬がちらほら…。この中だったら、馬の現状と価格を加味してレッドソンブレロが欲しい(みんな言うと思う)ですが、残念ながら諦めざるを得ない状況です。レッドメデューサもアリだなあと思っていましたが、この馬も先行満口だったんですね…。

上記の馬以外でアリだなあと思っているのは、

  • レッドレイチェル17→レッドべロム(ハーツ牡、社台F)
  • ラグジャリー17→レッドラルジュ(オルフェ牝、矢野牧場)
  • リメレンス17→レッドレビン(キズナ牡、富田牧場)

この3頭です。ノーザンF生産がいないことが少々不安…2/3が社台系でもないことがさらに不安笑。価格面を考えなければもう少し考えることができますが、19年募集も控えてますから、そこまで力を入れる必要もありませんから(個人の感想)。

この中で順位付けするのであれば、リメレンス→レッドレイチェル→ラグジャリーです。リメレンスは3/15更新の動画で見た脚長で綺麗な馬体に惚れました。矢野牧場もノーザンF生産じゃないからと悲観するほど悪くないですし、あとは今後の育成の進み具合とキズナ産駒がどうかですね。あんまり良い繁殖は回って来てないとの話もちらほらありましたが、そろそろ色々噂が聞こえてくるかも?良くも悪くも募集されるまであと2ヶ月ほどありますから、様子見しながら判断します。

レッドレイチェルも悪い印象はあまりなく、大型馬だから時間が掛かるし、脚元がちょっと不安かなって感じです。ラグジャリーは頭が高くて目付きからも気性の強さが伝わってくるのでそこがどうかと。オルフェもかなりの賭けになって来ているのでキャンセル募集で突っ込む必要性があるか…。

来年度の募集が楽しみです。

moetake

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする