【東サラ】2歳馬一挙更新!!

早速更新情報を見ていきます!!

レッドシノン

馬体重526キロ。この中間からロンギ場調整、角馬場調整を経て周回コースでのキャンター2500m調整を開始しています。ここまで予定通りに来ており、脚元の違和感もありません。ただ、馬体重は徐々に減っているとはいえ、まだ上体は立派。これだと脚元にも負担が掛かります。しばらくキャンター調整を入念に行いながら、体を絞って坂路入りに向けて作り直していければと思います。

あれもう乗り始めてたんでしたっけ?まだトレッドミルだけかと勝手に思ってたので嬉しい誤算とやらです。流石に休みが長かったことで馬体重・見た目ともに雄大なものとなっています。一度骨折してますし、そこからさらに重くなってますから、再発のリスクを考慮すると陣営が慎重になるのも頷けます。ダートの中長距離かな〜と馬体素人は感じました。良い感じ!!

レッドジャンヌ

馬体重476キロ順調に調教を進めています。現在、週3回は屋内坂路コース800mを3ハロン46~47秒のペースで登坂、週2回は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込み、残りの日はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。騎乗調教を進めていますが、右前の深管の状態は特に変わりありません。運動を継続していく過程で、余裕のあった馬体は徐々に締まってきました。気性面も少しずつ落ち着きが出ているように感じます。もともとハロン15秒はコンスタントに乗っていたこともあり、調教をこなす体力はありますが、脚元の状態を確認しながらじっくりと調教のペースアップを図っていきます。

レッドジャンヌも最初は馬体重の増加が問題と言っていましたが、進めてみればすでに480kg弱まで大きくなりました(深管の痛みがあってペースを落としているのもありますが…)。もちろんここからデビューを目指す上では、まだまだ運動強度を上げることが必要で、多少の減少は考えられますが440kgくらいではデビューできるんじゃないかな?馬体も好みで調子も良さそう。

レッドラルーチェ

マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重495キロ。この中間は坂路のメニューを強化しています。直近の坂路では3F13.1-12.8-14.9を計時。やや前駆に頼る傾向があるので、後躯を力強く使えるように訓練を重ねているところです。それでもスピード感のある動きができていますし、状態は上向きといっていいでしょう。メニューの強化で体も締まってきています。

ラルーチェ嬢も気付けば500kg手前まできました。500kg超えたこともあるんだっけか?こちらも体調は良さそうで、数字の表す通り、存在感のある馬体になりました。まだ後躯を上手く使えていないようで、矯正しながらの調教と言ったところでしょうか。現時点でもそれなりのタイムで登坂できてますし、後もしっかりしてくれば大成しちゃうかも?この◯◯◯◯がちゃんとしてくれば…がなかなか難しいですが、頑張ってください育成の方々。ハーツはあまり良い思い出がないので、この感情を一掃してくれるような活躍に期待。移動コメントはまだなし。

レッドライヤ

馬体重458キロ。リフレッシュの期間を経て、7月22日より乗り運動を再開しています。現在は屋内坂路コース800mを3ハロン46~49秒のペースで週2回登坂、週4回は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込んでいます。リフレッシュの効果で馬体はふっくらとしています。また、調教を進めるなかでトモに筋肉が付いてきたことで、走りにまとまりが出てきました。特に気性面は大きく成長したと感じており、以前に比べて乗り難しさが解消されています。引き続きしっかりと乗り込んでいき、さらなる成長を促していければと考えています。

期待のライヤ嬢、上よりはやり易いようですがこの血統は馬体の維持が非常に困難。この馬も休み休み負荷を掛けている段階になります。走りに関しては育成からも評価が高く、この4頭の中では最も期待している馬になります。ある程度体ができてくれば順調に進められると思います。もちろんこの馬も移動コメントはなし。デビューは年末になるのかな…。

東京TC様のご厚意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。