【リヴァプール18】出資確定

最終更新日

先日の記事で書いた通り、東サラ1歳募集馬の先行募集で最優先合わせて3頭に申し込みましたが、全て落選出資叶わずという結果に終わりました。非満口馬としてトップモーション18とグリサージュ18は確定しましたが、やはり何か物足りない。あと1頭ないし2頭くらい出資したいなぁと一週間悩み続けました。しかし、馬体・厩舎・育成・父などなど込み込みで”これだ!”って馬が見つからず、惰性で選んでも良いことないなと思い、現時点で東サラ1歳馬への出資は断念しました。

そこで注目したのがユニオンOC。社台グループ、特にノーザン生産・育成馬が群を抜いて強い現在の日本競馬。この流れには完全に逆行して行く決断にはなりますが、今年はこれで良いんです。やりたいようにやるんです。

最終的に決めたのは、”リヴァプール18″になります。折手牧場さんと嶋田牧場さんは、クラブHPで今年度の募集馬がUPされてすぐにSNSで情報発信してくださり、会員からの注目が高まっていました。クラシックを狙えそうなモーリス牡馬のジャジャマーチャン18はすでに満口になりましたが、キンシャサ牝馬のリヴァプール18はまだ残口があるようです。

ジャジャのように字面からクラシックを夢見ることは難しいですが、後者も1勝さえできれば、長く楽しませてくれる良い馬だと思います。歩きも良いし、尻尾も立派、馬体も悪くない(素人)。すでに折手牧場さんから育成先となる吉澤ステーブルへと移動しており、順調に行けば早期デビューも可能でしょう。今日の競馬は3歳新馬を廃止する流れもあり、早くから使えることが非常に重要になってきますよね。そうそう…時間はかかりましたが、先週リヴァプール17(ルーラシップ牝馬)ことリュウグウヒメが未勝利戦を見事勝利しました。この血統にルーラーシップで短い方に出るんですね。今回のキンシャサノキセキ選択はよりスピードを求めてとのこと。先々週の函館2歳Sを走っている姿が目に浮かびます。

先ほど少し触れましたが、SNSで折手さんが情報をアップデートしてくれることも、今回出資を決めた大きな要因になっています。もちろん公式以外でも情報が得られるという点もありますが、それ以上に折手さんのやる気というか、意気込みというか…自信を持ってユニオンOCに提供してくれた(?)っていう想いを感じ取ることができたというのも大きいです。これが僕の勘違いではないことを祈ります。

ユニオンOC様のご好意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。

moetake

シェアする