【ユニオンOC】2021ラインナップ 分析

最終更新日

簡単にデータ分析を少々、

サンプルはユニオンOCの現4歳〜9歳世代の1走以上の出走経験がある馬179頭。勝ち上がりや回収率、獲得賞金を指標に東西所属、毛色、生年月、母年齢等、簡単にデータを取ってこれる内容で。勝ち上がりは、1勝以上した馬を1.0、未勝利の馬を0.0として分析。ソートしたデータの勝ち上がり平均値が1.0に近いほど有望。

スタート地点として、

データを弄らない状態の勝ち上がり指数は0.38547、獲得賞金は2021万円

*基本的には勝ち上がり指数で評価します。

試しに所属トレセン(東西)でソートしてみる。美浦に限定すると、勝ち上がり指数は0.37209。反対に栗東では0.39784。殆ど差はないけど栗東の方が微妙に有利っぽい。最終的には色んな項目でソートして行きますが、まずは一通り見ていきます。

次は母年齢、高齢母は嫌われますし、その傾向は強そう。母年齢17歳以上で区切ると0.04まで急降下。ここまではっきり出ると怖い。逆に6歳以下に絞ると先ほどまでは無いにしても0.23076と初期値よりは低い。

次は生年月日、現代の競馬では遅生まれは相当不利ですから、遅生まれの割に…なんて言っても不利の方が格段に大きいですよね。データではどうでしょうか?”月 + 日 / 31”で簡易的に指数化しています。参考までに単純に月別でソートすると、6月生まれは指数0.0(n = 1)、5月生まれは0.30769(n = 26)、4月生まれは0.38333(n = 60)、3月生まれは0.45161(n = 62)、2月生まれは0.32(n = 25)、0.40(n = 5)。所々サンプル数が少ないけど3~4月生まれが良さそう。1.0~5.5で絞ると0.51764まで上昇。ここが難しそう。

面白そうなのは毛色、8種類に分類しています。鹿毛0.34210(n = 76)、黒鹿毛0.450(n = 40)、青鹿毛0.54545(n = 11)、青毛0.66666(n = 3)、芦毛0.250(n = 8)、栗毛0.3750(n = 40)、栃栗毛0.0(n = 1)、ソダシ(白毛)はデータ無し。芦毛が弱そうかな…。

こんな感じで非常に簡単に分類していこうと思います。トレセンは置いておいて、母年齢は9~16歳に絞りました。これだけで0.50925(n = 108)まで上昇。次は生年月日ですが、1.00~4.35に絞ることで0.67741に増加(n = 31)。毛色ですが、数値の低かった芦毛や栃栗毛を除く0.72413(n = 29)。ここから鹿毛と栗毛を除くと0.84210(n = 19)まで上昇しました。平均獲得賞金は5214万円の、平均募集額は1736万円。鹿毛と栗毛は除かなくても7割は死守できてますし、何より鹿毛を省いちゃうとカンパニュールとミスルーマーが消えちゃうので鹿毛、栗毛は含めよう笑。ほぼほぼ母年齢と生年月日での分類になっちゃったな。募集馬の予想獲得賞金AIとか作ったら面白そう。そんなに難しくは無いけどめんどくさい…。

あとは今年の募集馬がどうかですね〜。明日も休み!!!!!

moetake

シェアする