【ナグラーダ】状況は厳しい

遂にダービーウィークが終わりました。若いときはお金がなくても様々な経験をしましょうとのことで、レンズ支払いのおかげで財政状況が日本の年金制度みたいになっている僕も、思い切って2日とも参戦しました。北関東からの参戦、ホテル代含めてそれなりにかかりますから、ボーナスまでは貧乏生活です。土曜参戦の目的はナグラーダの出走だったので近況更新と写真を少々。

まずまずのスタートから、道中は後方集団の内目を追走。直線でジワジワと脚を伸ばしたものの、前との差は縮まらず、結果10着での入線となっています。
「それほどスピードがあるわけではないため、ハナから行ける感じではありませんでしたが、終いはジワッときていましたよ。目下は1頭でも交わしていくようなイメージで、馬に自信をつけさせた方が良さそうです。非力な部分がありますので、現状では芝のほうがイイかなと。距離に関しては、少しくらいなら延びても大丈夫なのではないでしょうか」(内田騎手)
「鞍上によると、『芝のスピード競馬への対応に苦しんだ』ようですが、終いはジリジリと伸びていましたからね。今日は初芝でしたので、次回以降、慣れも含めてまた着順を上げていければと思います。ただ、暑くなってきて、体重の維持が難しいところ。今後はその辺もカギになってくるかもしれません」(林調教師)
◆芝の速い流れについて行けず、後方からの競馬を余儀なくされた分、着順を落としてしまう格好に。現状で瞬発力に欠ける部分をダートで補うべきか、それともパワーに欠ける分を芝で補うべきか。「いちおう芝への続戦を考えたいところですが、次は(節の関係で)使いたいレースに使えない可能性もありますので、ひとまずトレセンに戻ってから、あらためて検討を重ねていく」(師)予定になっています。(HTC)

なかなか厳しい状況になってきましたね。頑張って最後まで走ってはいますが、絶対的なスピード能力で他に負けている感じが否めないです。もう少しトモに力を付けて欲しいところですが、林先生は暑くなってくることで、馬体重の維持を心配されてますし、どうなることやら…。ピュアサラシアはどうなったんでしょうね笑

以下写真

そうそう、Twitterで知り合ってカナロアガールやナグラーダのレースを何度かご一緒させて頂いている方がいるんですが、僕がかなりギリギリで競馬場に着くのを知って、応援馬券を用意してくださって…とても嬉しかったです。特別な馬券になりました。こういう出会いを大切に一口馬主をやっていきたいです。

広尾TC様のご厚意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。