【ドリアード】骨折療養も順調に回復

最終更新日

骨折休養中のドリアード、新馬戦の抜け出す脚は素晴らしかったですし、今から復帰が待ち遠しいですね。繰り返さないようにだけ注意したいところです。1つ勝っているのは本当に運が良くて、未勝利で骨折していたら絶望的でした。まだまだ時間はありますから、ゆっくりと治して1勝Cから再出発ですね。更新内容は以下の通り。(ユニオンOC様からのご好意により、近況更新内容記載の許可を頂いておりますですはい。)

2021/05/04 日進牧場(西舎共同育成場)
現在は、BTCの屋内の直線ウッドチップコースでダクを1000m、ハッキングを1000m乗っている。段階的にハッキングを乗る距離を延長しているが、左右の膝の違いが大きくなる様子は見られない。また、運動後も患部に熱感が増すようなこともない。患部の状態と相談しながら、少しずつ運動の負荷を強めていく。

とりあえずは異常はなく、順調に運動量を増やしているようです。”左右の膝の違いが大きくなることはない”というのは、現状多少の腫れはあるけど運動後に患部の腫れが肥大することはないってことですよね。それなら問題なさそう。1月に左膝の骨片除去手術が完了し、全治は6ヶ月との診断でしたから、復帰は7月末か8月くらいになるんでしょうか?非常に楽しみです。ドリアードは新馬戦、1勝Cと、調教はいまいち平凡な印象がありました(伸びしろたっぷり)。時計的には悪くありませんが、脚色一杯または強めが多く、馬なりでしっかり時計を出せるようになってくればさらに上のクラスで勝負して行けるはずです。しっかり治しておくれ〜!!流行りのキズナ!時代はユニオン!!

moetake

シェアする