【トップブランド】

最終更新日

本日、トップブランドの近況更新がありました。カインドリーの記事ばかり書いてこっちは全然でしたので、久しぶりにアップデートしておきます。以前の更新時にも移動の雰囲気は全く無かったと記憶していますが、その後どうなったのか…見ていきます。更新内容は以下の通りです。

グランド牧場遠野ステーブル
引き続き、坂路でハロン18秒を上限としたキャンターで調整し、いくらか気温が落ち着いてきたことから、先週後半から坂路の2本目で終いだけ15-15ペースまで伸ばしている。まだ終いだけ軽く伸ばした程度だが、ハミの取り方は良く、手応えも良好。引き続き気温を見ながら調教に強弱をつけて乗り込み、馬体強化に努めていく。現在の馬体重は前回の計測と変わらず、490kg。

まず言えるのは、本州への移動はまだ先になりそうということですね。近年、社台グループ(特にノーザンF)の飛躍が目に付きますが、始動の早さもさすがはノーザンだなあと感じます。育成のレベルは段違いと聞きますが、未勝利番組が減らされていくこのご時世、育成のスピード感や精度は非常に重要になります。何が言いたいかというと、やはりユニオンの馬は本州への移動・入厩・デビューがかなり遅いイメージがあるということです。2017年産駒も現時点(8月20日)でデビュー率2.4%ですからね…。血統的に奥手な馬も勿論いますが、それにしても低い数字です。できれば年内デビューをお願いしたい所ですが、果たしてどうなることやら…。

暑さを考慮して軽めの調教に留めていましたが、少々涼しくなってきたこともあり、終いのみペースを上げて様子を見ているようです。以前の更新に”ラスト2ハロンをハロン14秒から13秒へと上げたが、今までよりもハミの取り方が良くなり、良い前進気勢を見せていた”とのコメントがありました。こういうタイプの馬は初めてなので、競馬に行ってどうなるか注目したいです。馬体は随分大きくなって490kgですから、飼い葉食いは問題無さそう。早く移動コメントが出ることを祈ります。

ユニオンOC様のご好意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。

moetake

シェアする