【スマッシャー】端午Sで優勝へ

最終更新日

すっごく久しぶりの更新です。

もともと特に読者さんはいませんが、気が向いたので再開してみました。昨年は目標の10勝に遠く及ばない3勝?という成績に終わりましたが、今年は現時点で3勝と比較的良い流れで進んでおります。

最近は競馬AIというものに手を出しています。学生時代にC言語で挫折した経験のあるノンプログラマーですが、今回は競馬AIを作るという明確な目標があるため、かなり時間を掛けて制作しています。開発は昨年の10月頃からなので、もう少なくとも半年は毎日数時間、仕事が終わってから取り組んでいることになります。この記事はスマッシャーのオープン戦に関してなので、競馬AIについてはこの辺でまたの機会に。

まあ特にスマッシャーのことも長ったらしくだらだら書くつもりはないんです。また脱線するけど”小さな習慣”って本があります。毎日これだけはやると決めて必ず実行する、例えば腕立て伏せ1回など、最初から難しい目標を立てて失敗するよりも、簡単すぎて絶対に失敗しないことを”小さな習慣”にすることから始めよう!みたいな話。毎日書くことが目標なら、最初は長々書かずに、「スマッシャー頑張れ!(完)」でも良いんや。実際僕の見立てなんて当てにならないし、将来的にはAI予想と絡めてブログ書けたら面白いかな?

スマッシャーの1勝クラスから少し時間が空きましたが、週末は待ちに待った端午ステークスです。ここまで色々見てきて1つ思うのは、吉岡先生は嘘を言わないということかな。最初の芝とその次のダート初戦は結果が出なかったですが、デビュー前から”楽しみ”って言ってくれてました。

未勝利が2戦続いた後に休ませて圧勝→続戦で1勝C優勝も手腕がピッカピカに光ってた。そんな先生があれだけ評価してるんだから、走らない訳が無い。後々上のクラスで走ってくるのは確実として、ここもスパッと差し切るようならさらに期待が広がります。”言うことがない”って調教コメントしてくれた坂井騎手、あとは任せました。結果が確定するまでは僕の中ではスマッシャーが優勝、夢のままでいたいの1割、早くレースを観たいの9割。

moetake

シェアする