【スマッシャー】直線伸びず…

最終更新日

 こんにちは、こんばんみ、おはようございまっす!!

 今日はスマッシャーの出走がありました。結果は7頭立ての5着、最低限の掲示板確保といったところ。父マジェスティックウォリアー ということで、芝適性は実際に走らせなければ分からないものでした。その中での芝1800mという舞台は、まず芝・ダート、そして距離など今後の方向性を決める様々な要素を試すことができました。

 まずは速いと噂のゲートですが、前評判通りゲートをスパッと決めて二の脚もついて先頭へ…近況更新では引っ掛かるくらいとのコメントがありましたね。この辺は調教で良い子だったスマッシャーなので、騎手・調教師ともに想定外だったことでしょう。それもあって中距離適性を見込んでのレース選択だったはずです。

 新馬の7頭立てであることもあり、道中のペースは緩やかなもの。3、4コーナーでは外から馬が殺到し、一瞬飲み込まれるかと思われましたが、沈むことなくいい手応えで直線を向きました。いや、この時は「おぉ、ワンチャンあるか?」と思いました…。そこから数十メートルほどは頑張ったものの、ラスト1Fくらいでしょうか?伸びを欠いて馬群に沈み(むしろ馬群は前に…)、なんとか掲示板を確保しました。

 クラブの更新を待つ中で、距離か芝か、それとも馬場か?なんて考えていましたが、ゲートの速さとハナを切れたスピードを見たためか、落胆することはありませんでした(何たって900万牡馬)。ちなみにですが、6レースのダート新馬がマジェWのワンツーで決まったこともあり、やっぱり芝が合わないんだな〜と思ってました。

 いざ更新を読んでみると、どうやら距離の問題のようで、おそらく距離を短縮して芝でリベンジすると思われます。幸騎手は「次はもっと良くなる」とコメントされてましたので、引き続き期待して日々の近況を見守ろうと思います。

 お疲れ様でした。

moetake

シェアする