【カナロアガール】6月9日芝2000m皇成続投

最終更新日

先日、カナロアガールの近況更新がありました。もう優勝以外の何も要らない、1着でのゴール入線以外は何も意味を成しません。あと一歩、いや半歩のところまで来て決め手に欠ける本馬ですが、今後の方向性に悩んでいた田村先生も遂に決断を下したようです。レース選択の他に何らかの手を打つとのことでしたが、どのような秘策を考えてくれたのでしょうか?それでは見て行きます。

19. 5. 30 美浦トレセン在厩

中間も坂路2本乗りの調整が続けられており、今朝、時計を出しています。「いつも通りに調整できていますし、体調を崩すようなこともなくコンディションを維持できていますよ。色々と検討した上で、レースは来週6月9日(日)東京4R 3歳未勝利(芝2000m)を意識。一時は減量ジョッキーによる恩恵も考えましたが、前回の騎乗ぶりなどでこの馬のことをよく理解してくれていることが分かった三浦皇成騎手に引き続き乗ってもらおうかと思っています」(田村調教師)

先生の考えるベストのレース選択は、東京芝1800mの牝馬限定戦でしたが、最終週まで待たなければならないこともあり悩んでいたようです。想定されるレース選択はいくつかありましたが、どれを選ぶにしろ何かを犠牲にしなければなりませんでした。一番のリミットは時間的なものだと思うので、6/1 芝1600m、6/9 芝2000m、6/15 芝1600m、6/16 芝1800m(いずれも混合)のどれかに向かうだろうと予想はしていました。最終的には6/9混合戦の距離延長に決定、秘策はなし、三浦皇成騎手が騎乗。どうせまたそれなりのメンバーが揃うんでしょうけど、もう先生が決めた以上何も言えませんのであとは結果を出してもらうしかありません。勝ってくれればなんでも良いんです。早く初勝利のプレゼントをおくれ。以上。

広尾TC様のご厚意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。

moetake

シェアする