【カナロアガール】調教の動き◎

最終更新日

さてさて、カナロアガールが未勝利戦を勝った6月9日からちょうど2ヶ月が経ち、遂にエースの復帰が近くなってきました。ナグラーダの引退レースとなった6月30日からも随分時間が経ってしまいましたが、また愛馬の走りを見ることができると思うとそれだけでワクワクが止まりません。3年前の広尾TCから始まり、その後東京TC、ユニオンOCと入会してきました。ノーザン直営クラブ絶好調の中、ドロドロの底無し沼に全力ダイブしている自覚も少々ありますが、決して気分の悪いものではありません。まるで麻薬のようですね…。近況更新の内容は以下の通りです。

美浦トレセン在厩。今週も坂路1本の後、ポリトラックにて追い切られています。「追って一変するような感じではなく、いつも安定して変動が少ないタイプ。今朝の動きは良かったですし、8月17日(土)新潟8R 1勝クラス・牝(芝2000m)に向けて、順調に調整できていますよ。1勝クラスでもやれそうな気はしますし、新潟コース自体も合いそうですが、前が止まらない傾向にありますからね。そのあたりがどう出るかでしょう」(田村調教師)

08.08
江田勇
美P
 - -64.6-49.8-36.4-11.9(5) 直一杯
アナンダライト(新馬)直強目の外0.6秒先着

昨日美浦ポリトラックで追い切りを消化しました。追って一変するような感じはなく、常に安定しているというのはカナロアガールらしいですね。腹回りも休み明けとは思えない反り上がりを見せていますし、状態良好とみて良いでしょう。できれば一度休ませた分、馬体重に増加があれば良いんですがその辺は如何に…?前の止まらない新潟を心配していますが、デビュー時ほど終いのみの競馬に頼る必要は無くなってきましたから問題なく対応できるでしょう。あとは現状の力でどこまで通用するかにはなりますが、カナロアガールのような未勝利でも惜しい競馬が続いたタイプであれば即通用しても驚きはありません。ここをサラッと勝ってトライアルに向かえるようであれば、毎日ウッキウキで仕事に勤しむのですが…。

広尾TC様のご厚意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。

moetake

シェアする