【カナロアガール】次はどこへ

最終更新日

ナグラーダの記事を書いている間にカナロアガールの近況もアップデートされましたのでこれまた少々コメントを。田村先生は前の更新でも今後のレース選択に相当悩んでいた印象がありますが、今回の更新でどのようにその考えが進歩したのでしょうか?それでは見ていきましょう!更新内容は以下の通りです。

美浦トレセン在厩。先週末より、坂路入りを再開。まずは普通キャンター2本の調整が続けられています。「次走については、第3回東京開催(6/1~23)の中から思案中。牝馬限定戦にこだわって東京の最終週まで待っているとコンディション調整が難しくなりそうですし、牡馬との真っ向勝負ではそれはそれで分が悪そうですからね。相手関係を吟味したり、減量騎手の起用を検討してみたり…。馬の状態とも相談をしながら、定めていきたいと考えます」(田村調教師)

さてさてどうやら絶賛お悩み中のようです。

第3回東京開催で牝馬限定戦、なおかつ芝1600m-2000mとなると、

  • 6/8 芝1600m(牝)
  • 6/23 芝1800m(牝)

この2つのレースに絞られます。先生の言う東京最終週まで待つと…っていうのは後者のことでしょう。やはり1800mにこだわりたいようですね。逆に限定戦という条件を抜いて芝1600m-2000mを探してみると…

  • 6/1 芝1600m
  • 6/9 芝2000m
  • 6/15 芝1600m
  • 6/16 芝1800m

あたりも候補に上がってきますね。このコメントからは最終週までは待てない、距離は芝1800mがベストとの2つの考えが読み取れます。そのため、6/16の芝1800mを選択するんじゃないかと思います。ただ、6/16ともなると最終週まで待つのとそこまで変わらない印象で、なんだかんだどれかの条件を取っ払って6/1から6/9の3つのレースの何処かではないでしょうか?

前回の更新では何か手を打たなければならないとのコメントがありましたが、減量騎手がその一手になるのかな?大野騎手、三浦騎手も良いレースをしてくれましたが、減量騎手の起用で一気に決めに行く方向になるかも知れません。田村先生はあまり減量騎手を起用することはないようですが、一番多いのは藤田菜七子騎手、次は木幡育也騎手、そのほかはほぼほぼ騎乗機会なし。ナナコちゃんはリーディング33位ですし、アリなんじゃないかなあ。でも騎乗機会を見てみると結局普通に三浦騎手か大野騎手になる気がします笑

早めに方向性を決定し、勝利に向けて調整を進めて欲しいですね。次こそ勝利を。

広尾TC様のご厚意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。

moetake

シェアする