【カナロアガール】回復順調

本日、カナロアガールの近況更新がありました。出資馬の中で唯一中央で勝利を挙げている言わばエースである本馬、「暫し休養を」と言ったところですが、正直エースが抜けた状態は寂しい気持ちで一杯です。さてさて近況更新の内容は以下の通りです。

高木競走馬育成牧場在厩。すでに周回コースにて普通キャンターを開始しています。「馬体重は487kgまで増えており、普段と調教時の気持ちの切り替えもうまく出来ている様子。思いのほか回復が早く、心身ともにフレッシュな状態になっていますよ。昨日少しペースを上げてみた感じも悪くありませんでしたので、『それなら夏競馬も考えてみようか』と調教師。まだ涼しいことですし、今後の状況次第では、予定よりも早めの帰厩があるかもしれません」(高木場長)

まず馬体重がしっかり増えているのはとてもありがたい、嬉しいことです。古馬になって強くなる馬は放牧後にしっかりと体重を増やしてくるイメージが強く、カナロアガールはここまで大きく増えて出走することがありませんでしたから、成長分と言われる体重増加を見せて欲しいところです。そんな中、想像以上に回復が早く、夏競馬も考慮して行くとの田村先生のコメントがありました。冒頭にも話しましたが、エースのロスで抜け殻のような一口馬主生活が続いていた僕に光が射してきました。順調に進めることができれば夏競馬のうちにもう一度カナロアガールの勇姿を目にすることができるかも知れません。兎にも角にも”怪我なく”にはなりますが、少しでも早く戻ってきてくれることを祈ります。

ユニオンのカインドリーも含め、田村先生のところに2頭は調子が良さそうです。これを考慮して先生のところに所属する馬には積極的に出資する意向でしたが、残念ながら募集馬に該当する馬はいませんでした。残念ですが来年以降に持ち越しとなります。この2頭には個人的に期待しているので頑張って欲しいです。

広尾TC様のご厚意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。