【カナロアガール】またもや前に

随分時間が経ってしまいましたが、12日にカナロアガールの6戦目が終わりました。結果はご存知の通りの惜しい2着、これまた勝ち上がりはオアズケとなりました。あと少しのところまでは行くんですが…毎度前に馬がいるんですよねえ。絶対に勝ち上がる力は有しているのであとは順番待ちです。現状スパッと勝ち切る力は持ってないんですね。クラブ発表のコメントは以下の通りです。

好スタートをきり、道中は無理せず中団の外め。直線に向いて末脚を伸ばしましたが、先に抜け出た勝ち馬に先着を許してしまい、結果2着での入線となっています。「ある程度の位置には行きましたが、あれ以上早めに行かせずぎても2戦目のようなことがありますからね。レース自体は不利なくスムーズ。マークした1番人気を交わし、良く頑張って走ってくれているのですが…。時計の速いこの馬場で、勝ち馬に軽々と抜けられてしまいました」(三浦騎手)

「早めにポジションを取りに行くと、かえって終いで着順を落としかねないタイプですからね。鞍上はこの馬のことを考えてうまく乗っていましたし、3~4コーナーで我慢してくれた時にはイケると思ったのですが…。勝ち馬に33秒台で上がられてしまっては、さすがに厳しくなってしまいます」(田村調教師)

◆テン乗りを感じさせない立ち回りができ、激しい2着争いを制した点は評価に値しますが、これで三度目の悔しい2着。またしても勝ち上がりはお預けになってしまいました。なお、今回が放牧明け2戦目であったことにも配慮し、次走については、レース後の馬の状態をよく確認してもらった上で慎重に検討していく予定になっています。(HTC)

三浦皇成騎手もしっかりと過去の結果を知った上で乗ってくれているようです。先生がそれも踏まえて騎乗の方向性を示している可能性もありますが…。乗り方に関して全く不満はありませんでした。2番手の馬に上がり最速を出されては厳しい戦いになってしまいます。トモが以前よりしっかりしてスタートを決められるようになった分、前に行くと少々末脚が甘くなりますね。先生も4角でイケると思ったとのことですが残念です。距離は1800mにこだわる必要あるのかなあ。あとは今後をどうするか…もともと使い詰めできないカナロアガールですが、以前よりはしっかりしてきた印象で、あと1戦くらいはできちゃうんじゃないかな?とも思います。放牧するかはその後の馬の状況の確認後に決定するようですね。馬優先で考えてくれるでしょう。ただ、未勝利戦があるうちにお願いします。

広尾TC様のご厚意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。