【カインドリー】見事な新馬勝ち

29日、中山競馬場にて出資馬カインドリーがデビュー勝ちを収めました。毎日毎日更新がないか確認し、動画が更新されれば数十回再生し…。いくらエポカドーロの下とは言えども、キズナ牝馬で4500万円は高過ぎでしょwwwと笑われることもありましたが、自分の想いを曲げずに、信じて出資して良かったなと思います。正直、前日はほとんど眠れませんでしたし、朝ご飯も喉を通らず、発走直前は手がブルブル震えていました(何ならレース後の寿司も完食できなかったです)。馬より入れ込んでいたと思います。

これまでの人生、勝負をする前から負ける言い訳を作っていたことが多々ありました。時代はシルク、キャロットのノーザン育成クオリティ、”カインドリーはユニオンだからなぁ”なんて言葉をSNSで発しそうになりましたが、何とか堪えました。300口が満口にならず募集終了になってしまったカインドリー、数少ない出資者の自分が周りの目を気にして、言い訳を作ることがどんなにしょうもないことかと。こんな想いがある中でのデビュー勝ちでした。15万円?確かに高い買い物でしたし、今回の獲得賞金を入れても回収率は20%くらいでしょう。でも気持ちの面では出資分回収済み、僕にとってはそれくらい価値のある勝利でした。今後のローテーションを考えながら、また美味しい酒が飲めます。

石橋脩騎手のコメント「強かったですね。昨日、ゲート練習に乗せてもらって、スタートが速いのは分かっていたので、最内枠でもあり、先手を取って進められればと思っていました。ゲートは駐立で落ち着きがなかったですが、練習通りにスッとスタートが切れて、二の脚も速く、楽にハナに立てました。返し馬からそうでしたが、レースでも少し右にモタれるところがあり、先頭で物見をしたりと、パーフェクトな走りではありませんでしたが、すごくスピードがあって、最後まで前向きに走ってくれました。ゲート駐立や右へのモタれなど、まだ改善が必要なところはありますが、良いスピード能力を持っていますし、これからが楽しみですね。良い馬に乗せていただき、ありがとうございました」

“これからが楽しみ”とのコメント、今回は素直に喜んでいます。石橋騎手の好騎乗での勝利とも言えますし、確か同路線の牝馬に彼騎乗の馬は今のところいないはずなので、このまま継続騎乗をお願いしたいです。兄エポカドーロは、新馬勝ちこそできなかったものの、2戦目での上積みが大きく、そのままクラシックへの階段を駆け上がって行きました。カインドリーも兄のように成長し、クラシックに出走してくれたら嬉しいですね。

カインドリーに関わってくれた方々には感謝しかありません。

ありがとうございました。

ユニオンOC様のご好意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。