【カインドリー】帰厩へ調整順調

最終更新日

新馬戦逃げ切り勝ちもその後は勝利することができず惜しい競馬が続いているカインドリー。元出資馬のカナロアガール”(広尾は退会済)についても、最近ローテとか番組とか色々思うところがあり、先生の方針には正直疑問が残ります。また、同じ馬でないにしても、上のエポカドーロは藤原厩舎でGI馬、下のキングストンボーイは藤沢厩舎でダービー出走、こちとら1勝Cでモジモジ…となると厩舎力や育成レベル的なところを感じます。馬は悪くないし、出資したことに後悔はしてないから全力で応援するんだけどね。更新内容は以下の通り。(ユニオンOC様からのご好意により、近況更新内容記載の許可を頂いておりますですはい。)

2021/05/04  高木競走馬育成牧場
引き続き、週に2回の頻度で15-15を行っている。先週の金曜日は5ハロンから15-15ペースで進み、ラストは馬なりでスッと脚を伸ばした。道中の行きっぷりは良く、最後まで手応え十分に駆けていた。飼い喰いも良好で、毛艶も大分良くなっている。引き続き、移動まではこのままコンスタントに15-15を重ね、態勢を整えていく。

いつか撮影したカインドリー

いつも通り、高木さんちで15-15調整。良いタイミングで競馬に出せるように、先生にはしっかり考えて欲しいですね。体重は増えてきたかな?ノーザン育成の馬を見ていると(勿論他もあるけど)、馬体重がグッと増える時期があると思うんです。ただ、この子に関してはデビュー時とそう変わらない体重でずっと来ていて、どこかで増えるタイミングがあるんじゃないかと。もう4歳だし晩成でない限りないかな〜。美浦Wコースでいつも終いが甘くなるけど、あそこで踏ん張って12秒台前半を出せるようになったら爆発すると思う。カインドリーはいつも最後まで頑張って走ってくれてますから、福島か新潟でスパッと1つ勝ちたいところです。もうちょい良い騎手乗せられないかな…?ルメールとは言わないから、横山武史騎手か戸崎圭太騎手を乗せてくれ〜。

moetake

シェアする