【カインドリー】初追い切り

最終更新日

美浦 田村康仁厩舎に入厩中のカインドリー(父キズナ、母ダイワパッション)ですが、本日初めての追い切りが行われました。この結果を見て今後の方針を決めると言っていた先生ですが、どのような結論が出たんでしょうか?個人的にかなり期待している馬なので動向が非常に気になります。マジで頑張って欲しいです。更新内容は以下の通り。

美南坂良 56.6(14.7) – 41.9(14.0) – 27.9(13.6) – 14.3  馬ナリ余力
坂路で追い切り。テンから途中までは僚馬と併せ、後半は僚馬だけがペースを上げ、本馬は自分のペースを守り、単走の形で進む。終いは馬なりのまま軽く流してゴール。まずは軽めの内容だったが、併せている間の行きっぷりは良く、動きはまずまず。様子を見ながら更に追い切りを重ね、動きを良化させていく。「途中から1頭になったら、フワフワしてしまい、ラストは進みが悪くなりました。まだ単走だと集中して走れないようで、少し頭が上がってしまいますね。今日まずまず負荷を掛けたので、これでどう動きが変わってくるか。飼い葉はしっかり食べているのでへばることはなさそうですが、暑い日が続いているのでしっかりケアしながら進めていきます」(助手)

う〜ん。悪くないんじゃない?確かに数字だけで見ても後半に進みが悪くなった印象はあります。でも最後の1F以外はいい感じに加速ラップを踏めてますし、もともと遼馬を行かせてカインドリーには我慢させるプランですから!さらにコメントの中に1頭になってからフワフワして進みが悪くなったとの記載がありました。これは競争能力というよりは気性の問題でしょうから、ここは厩舎スタッフさん達に上手く教えてもらいましょう。今回は助手さんのコメントだったようで次の更新で先生から具体的なデビューまでのイメージがお話しされるかも知れませんね。このひと追いで変わってくるような気がします。陣営からもトーンダウンした感じはありませんし、このままトレーニングを重ねて出走まで行っちゃって!!

ユニオンOC様のご好意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。

moetake

シェアする