【カインドリー】体制万全

本日、ユニオンOC所属2歳馬の近況更新がありました。デビュー戦を控える2歳馬達ですが、その後の状況はいかがなものでしょうか?以下、カインドリーの近況更新になります。

2019/07/09  高木競走馬育成牧場
引き続き、通常時はハロン20秒ペースのキャンターを3000m乗り、週に2回、強めの調教を行っている。先週も火曜日に3ハロンから15-15、金曜日には5ハロンから15-15を行っており、終いまで馬なりで楽に動けていた。ゲート練習も定期的に行っているが、安定してスムーズに発馬できている。状態の良さは田村調教師にも伝えられており、在厩馬との兼ね合いでまだ入厩の目処は立っていないが、いつ声が掛かっても良い状態。引き続き、週に2回のペースで強めの調教を行い、入厩態勢を整えていく。現在の馬体重は458kg。

状態の良さは田村先生に伝えられているそうで、高木さんのところではいつ声が掛かってもいい状態とのこと。3月から本州に置いて見ていた馬ですからそろそろ入厩があっても…と思いながら毎回の更新をチェックしていました。遂に育成側としては準備ができつつあるようで、あとは田村先生の考えや馬房の回転によってという感じになりました。特に現時点でのカインドリーの状態に不満がないのであれば、馬房に空きができ次第入厩となる可能性も十分あるのではないでしょうか。

調教では坂路5Fから15-15を行なっている中で、終いまで馬なりで動けるようです。よくノーザンの育成との違いは15-15以上の負荷で顕著に表れると言いますし、本番はここからですがいい傾向にあることは間違いないでしょう。2歳馬のデビューはこの馬からになる予感です。楽しみに待ちます。

ユニオンOC様のご好意により、近況更新・写真の転載許可を頂いております。